株式投資、先物投資、FX投資などは全て
一定の資金を投下して売買差益を抜く仕組みです。

よって結果は「損益」という概念よりも
どちらかというと「勝ち負け」という
表現の方がしっくり来るように思います。

これはある意味正しくて、
勝ち負けという言葉が表すように、
これらの投資の儲けは誰かの損によって
成り立っているゼロサムゲームなのです。

マーケット自体に経済的な成長が起これば
WIN-WINになることもあり得ますが、
基本的にはこれらの投資では、
マーケットに膨らみがあるとするとそれは
新たなプレイヤーの参入によるものであり、
本当の意味での成長ではありません。


公けには書けない内容は、LINEで情報発信してます。まだ僕のLINE@に登録していない人は今すぐに登録しておいてください。
↓ ↓ ↓
友だち追加

一方で、不動産投資だけは、
投資とは言いつつも実際には事業です。

生活者に住居の用に供する賃貸部屋を貸し、
あるいは事業の用に供するスペースを貸すことで
現実の生活や事業がそこで営まれるのです。

そして不動産投資家は、その対価として
「家賃」というリターンを得るわけです。

少なくともインカムゲインに関しては
自分の儲けによって誰にも損させることなく、
誰も傷付けず、誰からも奪うことはありません。

そういう事業だからこそ、
銀行も喜んで融資してくれるのです。
(実際には現物を抵当に取れるからですが^^)


まだ僕と繋がっていない人は早目にLINE@に登録しておいて下さい。
↓ ↓ ↓
友だち追加

いつも応援クリックありがとうございます。
お蔭さまでランキング回復中です。
今日も下のバナーをぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ