善は急げと言いますが、不動産投資も
やるなら早く始めた方が良いです。

理由はいくつかありますが、
僕が思う観点は主に次の3つです。

①返済期間の問題
②若い方が体力がある
③歳をとるとアタマが硬くなる

分かりやすい事項ばかりなので、
ことさら説明不要かもしれませんが、
一応それぞれ順に説明しておきますね。

①返済期間の問題

不動産投資と融資は切っても切れませんが、
当然ながら高齢になればなるほど、
その分だけ返済期間は短くなり
結果的にキャッシュフローを圧迫します。

どこの金融機関でもだいたい貸付年齢は
74歳まで、というところが殆どです。
と言うのも75歳以上の高齢者は、
医療制度上「後期高齢者」と位置付けられ、
死亡率がぐっと上がります。

そのため債権側の金融機関からすると、
なるべく後期高齢の前に完済してもらいたい、
と考えるわけです。
それで返済期間を主債務者74歳まで、
とする金融機関が圧倒的に多いのです。

自己資金を3分の1とか入れれる人ならまだしも
フルローンとかオーバーローンに頼りたいなら
利回り高めの物件でも20年とか25年とかは
組めないとなかなか合わない案件が多いため、
遅くとも50歳までに開始する方が良いでしょう。


公けには書けない内容は、LINEで情報発信してます。まだ僕のLINE@に登録していない人は今すぐに登録しておいてください。
↓ ↓ ↓
友だち追加

②若い方が体力がある

これも当たり前の内容になりますが、
不動産投資も買って終わりではなく、
物件取得がようやくスタートラインです。

僕の投資手法では地方を推奨していることから
管理会社や客付会社とのコミュニケーションも
物理的にそこそこ距離感がある前提です。

人間関係も構築できてくれば、
あとは今時の不動産投資はLINEひとつで
やり取りできますが、
それまではどうしてもオフラインな
接点が大事になってきます。

電車やクルマや、場合によっては
新幹線とか飛行機での移動ともなれば
それなりに体力も消耗しますし、

また物件を買うまでにも、
ネットで検索したり不動産屋を回ったり、
銀行や信金などを訪問しまくったり、
現地の賃貸客付会社(エイブルとか)に
電話でご当地の賃貸需要をヒアリングしたり、
あとは自己資金を貯めたり。。。

やることたくさんで、そう考えると、
やはり体力のある若いうちがいいです。

歳をとったらできないか?と言われると、
そりゃできると思いますが、
そんなに頑張れますか?と訊きたい。笑

年齢いってる人はそれくらいハンデがある
ということを認識して人一倍努力しましょう。

③歳をとるとアタマが硬くなる

そして歳をとった方の最大のネックがコレ。
40代50代にもなって来ると、
会社でのポジションもそれなりになり、
もう叱ってくれる人はいなくなります。

また転職歴の多い人ならまだしも、
社会に出てその会社しかしらない…
というお姫様みたいな勤め人は、
自分の中での常識が狭くなる傾向にあります。

そうでなくとも人間、歳を重ねると、
モノの考え方が次第に凝り固まって来ます。

せっかく新しい知らない世界に出たのに
知ったかぶりをする、偉そうにしている、
自分の狭い世界観を壊そうとしない、
など残念なオッサンは多いです。

これでは到底不動産投資はおろか、
俸禄以外に自分で稼ぐ何たりも
手に入れることは覚束ないでしょう。

「歳」と書いて「よわい」と読みます。
語源は僕も知りませんが、
年齢を重ねた方は「弱い」と思って
自ら謙虚に行動されて丁度良いくらいです。

かと言って萎縮する必要はありません。
あくまで知識吸収レベルの話ですから。
謙虚かつダイナミックに生きていきましょう!

あと、4/22土曜日に東京でセミナーやります。
まだもう少しだけ席はあるようですので、
不動産投資に興味ある方はご参加ください。
↓ ↓ ↓
https://www.pleast-group.com/lp/seminar_170422sp/public/


まだ僕と繋がっていない人は早目にLINE@に登録しておいて下さい。
↓ ↓ ↓
友だち追加

いつも応援クリックありがとうございます。
お蔭さまでランキング回復中です。
今日も下のバナーをぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ