投資家面談をやっている中で、
意外なほど多くの方がカードローンで
数百万単位の債務を抱えていたりします。

いまから不動産投資を始めて、数千万円から
数億単位の借入を起こすことに比べると、
金額自体は正直たいしたことありませんが、
これがあると不動産投資できません。

なぜかというと、それは一言で言うと、
カードローンに頼らないと生活できない
無計画な消費生活を銀行が評価しない、
ということなんです。

銀行は貸金によって金利で利益を得ますが、
金利の前に貸した元本を保全することが、
貸金事業としての大前提となります。

つまり、貸出先の財務の健全性が、
すべての金融機関が最優先する点なのです。

カードローンがあると不動産投資できない
もう一つの理由として、
オーバーローンのエビデンス作りに邪魔
という点もあります。


公けには書けない内容は、LINEで情報発信してます。まだ僕のLINE@に登録していない人は今すぐに登録しておいてください。
↓ ↓ ↓
友だち追加

正直、自己資金が無一文な人でも、
僕らの手にかかればオーバーローンで、
優秀な数字の不動産を買うことはできます。

しかしそのためには、銀行に対しては、
少なくとも◯千万円の流動資産を保有している
ということをアピールしなければいけません。

その際、カードローンが例えば200万円ある
ということは銀行から見れば、
非常に「違和感」に映るのです。
当たり前ですよね?

手元に数千万円の現預金を持ってるのに、
なぜわざわざメチャ金利の高い
カードローンなんか摘まんでいるのか??
という疑問がわくわけです。

住宅ローンや、せいぜいクルマを買った
マイカーローンくらいまでならOKなのですが、
それでも保有資金が億近くになってくると、
個人のマイカーローンも違和感が出ます。

いずれにせよ銀行が思い描く「お金持ち」の
イメージにそぐわない生活スタイルや、
銀行が貸出先として不安視するような
派手な消費生活を送っている人は、
その辺りを見直し改善することが
不動産投資への第一歩と言えるでしょう。


まだ僕と繋がっていない人は早目にLINE@に登録しておいて下さい。
↓ ↓ ↓
友だち追加

いつも応援クリックありがとうございます。
お蔭さまでランキング回復中です。
今日も下のバナーをぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ