北朝鮮という頭のおかしなテロ組織が何をしでかすのか?
なにやら気持ち悪いですね。。

不動産投資のリスクのひとつに、「戦争災害」というものがあります。

大抵の突発的な事故に対しては、建物総合保険というような損保があって、その被害額をカバーできるため、不動産投資も割と安全なのですが、残念ながら「戦禍」についてはさすがの保険も対象外となってしまいます。

しかしながらそもそも「戦争」の定義は、紛争当事者国家間で「宣戦布告」という開戦宣言が行われたこと、とされ、それ以前の段階での攻撃や侵略行為はすべて「テロ」同様の扱いとなり、保険適用の対象となります。

だから安心♪
というような問題でもありませんが、もし万一、所有不動産がやられた場合には諦めずに保険会社に申請しましょう。

もちろんそうならないことをただ祈るばかりですが。。。