いつも応援クリックありがとうございます。
お蔭さまでランキング回復中です。
今日も下のバナーをぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ


今年の夏頃に、買いたい物件があったため、融資の依頼で金融機関をいくつか当たりました。ちょっと難しい案件(築古)だったので、一般的な銀行では融資対応が難しく、信金・信組も含めて電話をかけまくりました。

僕は、金融機関の開拓は、いちいち出かけて行ってもキリがないので、まずは電話でスクリーニングしています。そこで良さそうな担当者が網に掛かれば、初めて出向いて行って具体的な商談に入るようにしています。

それで、ある信用金庫に電話を架けたところ、融資の担当者さんの対応がかなり前向きで、非常に感触としては良さそうだったので、アポを取って担当に会いに行くことにしたのです。

行くと、若い担当者さんと年配の上席(課長さん)が対応してくれ、応接に通されました。しかし上役の人が切り出した内容は、「当庫は信金なので、出資してくれている会員企業しか融資はできない。そして飛び込みでこうやって来られても、はいそうですか、と言うわけにも行かない。まずは営業マンが御社に出向いて実態も確認しながら話してみて、取引できそうかを判断させて頂く」という鷹揚なことでした。苦笑

まあ、こちらも吹けば飛ぶような弱小法人でもあるわけで、そういわれるのも止むを得ません。そんなことでイチイチ腹を立てても仕方ないので、そこは堪えて「では、まずは営業の方のご来社をお願いします」とお伝えしてその日は終わりました。

後日、約束通り営業マンが来てくれましたが、その方いわく「先日は大変失礼しました。せっかくご来店いただいたようでしたのに審査部の課長の〇〇が大変失礼なモノ言いでお帰り頂いたと聞いております」と平身低頭の姿勢で口上を述べます。そしてそのうえで「信用と実績作りのため」と称して、まずは普通口座の開設を要求して来られました。通帳作るくらいなら何も損はないので、その場で応じてその日はそれで終了でした。

一か月ほど経ったある日、今度はその営業マンがまた別の上席(営業課長)を連れて来られました。そして「口座開設してもらっただけでは何のメリットもない」と温和なムードをブチ壊す口調で投信やクレジットカードなどの派生商品を勧めてきました。もう僕の方からはこの信金に融資のお願いをする案件もなくなっていたので、その場はお断りしました。それにしても本当にイチイチ気分の悪い信金だなあという印象を持ちました。

それからまた一カ月半くらいが経ったでしょうか。つい先日、今度は営業推進部?というまた別の部署の年配の営業マンが訪ねてきました。「あれ?うちはもう〇〇支店から営業の方が来て下さってますよ」とお伝えしたところ、態度はどうでしたか?ご迷惑はかけてないですか?などと根掘り葉掘り聞かれ、いやー、こうこうでちょいちょいエライさんの対応に腹が立ってますよ、と答えたところ、それこそ土下座しそうな勢いで「申し訳ございませんでしたぁ!!」みたいなことを叫ばれ、「私の部署は支店とは全く違うスタンスで、融資でもなんでも申し付けてくださったら、何でもやります」と言われました。

僕としては、なんかもうこの信金、人によって態度や対応が全く違うのでちょっと気持ち悪いです。なんか、登場人物が役割分担しながら感情を起伏させて判断力を減らしていく劇場型の詐欺みたいな印象を受けます。信金なので流石に詐欺はないと思いますが、押したり引いたりしながらアメとムチで何やら自社の売りたい商品だけ売り付けようとしているような気もします。

そういうわけで、この信用金庫とは仲良くできそうにないな・・と思っている次第です。最寄りの信金でもあるので、なんか残念ですが、どうせなら気持ちよく取引できる相手と長く付き合っていきたいものですね。


公けには書けない内容は、LINEで情報発信してます。まだ僕のLINE@に登録していない人は今すぐに登録しておきましょう。
↓ ↓ ↓
友だち追加

いつも応援クリックありがとうございます。
お蔭さまでランキング回復中です。
今日も下のバナーをぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ