いつも応援クリックありがとうございます。またランキング下降中です。 今日も下のバナーをぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ


長い人生には誰しも、「運」が強力に味方する時があります。しかしその運を単発単体の運で終わらせてしまう人と、逆にその運に乗ってどんどん伸ばしていく人とに分かれます。この差は何なのでしょうか?

それは、「運がいい」とあぐらをかき次のアクションを模索せず安穏とする人間と、「運がいい」ことについて「いまなぜ好調なのか?」という原因を分析し、好調のメカニズムを解明する人間の差ということです。

分析の手法は、もう散々マーケティングの理論が体系化されてますので、僕なんかが解説することはここでは控えますが、たとえば商品やサービスならば「それが、なぜ売れているのか?」を分析することが非常に重要でしょう。

ほんの数年前、とある地銀が突如東京のど真ん中に支店を出し、不動産投資への融資に積極的に打って出ました。この銀行は、ある審査プロセスが変更になったことで、いまは一気に客離れしてしまい、いまはもう閑古鳥が鳴いている状態です。以前は審査に出しても順番待ちでかなり待たされる状況でしたが、いまは銀行の営業マンが数字集めに必死に外回りしている状況になっています。

おもしろいのは、この銀行の営業マンが、なぜこれまで活況を極めていたのか?そして今はなぜ急に沈静してしまったのか?を把握していない点です。岡目八目(おかめはちもく)とはよく言ったもので、外から見てると笑ってしまうくらいシンプルな原因なのに、当事者は全く気付いていないのが滑稽なくらいです。

しかしこうした他社の姿を見て、そこは他山の石。好調なときには「ただ運がいい」と天狗になることなく、要因を突き止め、さらに維持ないし向上できるように最大限努力を惜しまないことがとても大事だなと改めて思った次第です。不調なときは言わずもがな、ですね。

融資情報に敏感な人なら上記の話題はおおよそ察しがつくと思いますが、一応なんのこっちゃ?という人のために、明日2016年10月10日のお昼12時に、僕のLINEで実名入りで内容を配信しますね。


公けには書けない内容は、LINEで情報発信してます。まだ僕のLINE@に登録していない人は今すぐに登録しておいてください。
↓ ↓ ↓
友だち追加

いつも応援クリックありがとうございます。
今日も下のバナーをぽちっと協力お願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ