いつも応援クリックありがとうございます。
お蔭さまでランキング回復中です。
今日も下のバナーをぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ


不動産投資の初心者に多い傾向として、最初の一棟目はなるべく小さい物件・・たとえば区分マンションとか戸建とか小規模なアパートとかを買いたいという人は多いです。子供の頃から今まで「借金は悪だ」と教えられて来て、ここへ来て”不動産投資”という手法を知ったばかりの初心者だと、なるべく負債額を抑え気味にした投資から始めたい・・という気持ちは分かります。

しかし、どうせやるなら、ある程度の規模拡大は目指した方がいいと僕は思っています。属性面や自己資金の多寡により、買える規模はおのずと決まって来ますので、そういう制限によって戸建や小規模アパートしか買えない人は仕方ないと思いますが、大きい物件も買える属性なのにビビって買わないというのはやはりもったいないです。

大きな物件に手を出したくない理由のひとつに、「出口があるのか?」という点が挙げられますね。実際、一棟で3億円、4億円という規模のマンションになってくると、誰でも融資を引けるというわけではありません。物件自体の力にもよりますが、特にサラリーマン大家でアパートローンで引く場合には年収は1500万円以上ないと貸してくれないでしょうし、事業者や資産家でも金融資産で億単位を示せないとそう簡単には融資は出ないでしょう。

そのため、出口で売却する際に、買える人が少ない=売りにくいのでは?と思ってしまうようです。が、実際には、大規模な大家さんになると資産規模数十億円という投資家はざらにいて、数百億円規模の投資家も結構います。そうした人が物件を追加で買う場合には、千万単位の物件を取得していくことはまず無く、最低でも数億円単位の不動産を追加購入していくわけです。

また、小規模な不動産投資法人やファンドは世の中にいくらでもあり、そうした組織もやはり数億円~数十億円規模の物件を取得しないとコスト的に合わないため、数億単位の収益物件はわれわれが思っている以上に流通するニーズはあるものなのです。

僕の投資家仲間でも、4億円台で買った一棟マンションを5億円で売った人もいますし、10億近い商業物件を売り抜けた人もいますので、比較的大きな億単位の不動産でも臆せずチャレンジしてよいと僕も最近そう考えています。


公けには書けない内容は、LINEで情報発信してます。まだ僕のLINE@に登録していない人は今すぐに登録しておきましょう。
↓ ↓ ↓
友だち追加

いつも応援クリックありがとうございます。
お蔭さまでランキング回復中です。
今日も下のバナーをぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ