晴れた日に傘を貸す銀行

標準

10200-01

公けには書けない内容は、LINEで情報発信してます。まだ僕のLINE@に登録していない人は今すぐに登録しておいてください。
↓ ↓ ↓
友だち追加


世の中では、銀行を揶揄(やゆ)して
「銀行というところは晴れの日に傘を貸し
雨が降ったら取り上げる」と言われます。

 

たとえばバブルの頃には、
資金需要がないのにじゃぶじゃぶ貸し、
バブルがはじけたら一斉に回収に走る
いわゆる貸し?がしが横行しました。

 

バブルの頃の不動産価格の様子は、
僕のインタビュー音声をお聞きください。
(メルマガ登録したら送られてきます)

 

さてそんな銀行ですが、
僕はその気持ちがふつうに理解できます。

 

たとえば誰かが、利息を10万円払うから
100万円貸してくれと言ってきた場合、
その人となりを見極めるのは当然ですが、
その人の財務状況も確認したいですよね。

 

しっかり貯蓄もあるお金を持っている人と
金遣いが荒く全くお金を持っていない人だと
前者には貸してもいいですが、
後者には貸したくないものです。

 

それは、銀行も同じ。
利益を出す前に、まずは保全です。

 

今回僕の会社で不動産を買いました。
1000万円程度の小さな物件だったので、
現金で買おうと思ったのですが、
付き合いのある銀行が是非借りてくれ、
というので融資をお願いしました。

 

諸費用や、リフォーム代も含めて
全額を貸してくれました。それも、
物件を抵当にとらない無担保融資です。

 

経営状態やキャッシュポジションを
日頃から整えておくことで、
いざというとき融資を受けやすい
体質になるということを実感しました。

 

不動産投資はレバレッジがかかりますが、
瞬発力と破壊力はビジネスの方が優れます。

 

なのでまずはビジネスでガンガン稼いで
融資を受けやすい体質を作って
次に不動産を一気に買い進める・・・

 

というやり方がベストかなー
といまは考え直しているところです。

 

効率良く稼げるビジネスに興味ある人は
僕のLINE@から個別に連絡ください。
↓ ↓ ↓
友だち追加

いつも応援クリックありがとうございます。
お蔭さまでランキング回復中です。
今日も下のバナーをぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Enter Captcha Here : *

Reload Image