自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

ブログ

保護中: 特典の受け取りページ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

今月仕入れた物件を公開します

昨日のブログ記事で、僕らも8%とか9%の物件を買ってますよ、という内容に対して、どんな物件ですか?との問い合わせを結構もらいました。
皆さん、他人の物件が気になるんですねぇ(笑)。そこで今日は、その内容を公開することにしました。
今月購入した物件は、千葉市の戸建で小さい規模なので現金購入でした。
これについてはちょっとまだ、ごにょごにょとやってますので公開できるようになったら後日アップします。
先月買ったのは、郊外の「路面店舗」です。場所は埼玉県入間市の幹線道路沿い。国道16号線の内側だったので、なんとか信金から融資を引けました。
約80坪の土地に述べ床面積60坪の二階建ての店舗と前面駐車場がある、築42年の古いRC造です。
法定耐用年数で言えば、残は5年と短く、そんなもん買って大丈夫?と言われましたが、昨日のブログ記事にも書いた通り、転売益が見込める物件なので買いました。
通常、一般の金融機関ではなかなか耐用年数を超過するような物件には、融資をしてくれません。特に都銀だとまず無理です。もしくは融資期間5年で・・と言われます。元本返済5年だとCF合いませんね^^
この物件、価格は2600万円と安価で、利回りは9%でしたが、エレベーターなどもなく維持コストも低いので一応保有期間中はマイナスにはなりません。
地元の信用金庫で2500万円まで融資してもらいましたが、脅威なのはその融資期間でした。
最初に融資課長から、「15年〜35年の間で自由に選んでいいよ」と言われ、わが耳を疑いました。
「はぁ?耐用年数はあと5年ですよ!?」と、どっちが銀行員かわからないような会話が続いたあと、「そしたら最短の15年でお願いします」と返答しました。
その理由は、数年保有しての転売を考えているため、ある程度残債(元本)の減りが進んでいないと旨味が半減するから。
そして審査が進み、融資課長から審査結果の電話連絡が来ました。
35年まで選べるよとか言ってたけど、どうせ本店にあげたらスミマセン・・やっぱり5年しかダメって言われました〜って言ってくるのがオチだろうなあと思っていたら、意に反し、なんと「融資承認おりました!期間は20年です!」との融資課長のデカイ声が耳をつんざきました。
「あの〜、15年で良かったんすけど、、、」と言ったら、明るく「うん、事業計画的に15年だと手残りがタイトだったから20年に伸ばしときました!」とのこと。苦笑
そんなことってこれまでの色んな金融機関とのやりとりの中では初めてでした。
というわけで、利回り9%の物件ですが、割と余裕な感じで買うことができました。
物件の話を書こうと思ってましたが、やっぱり最後は融資の話になってしまいました。笑
さて、今日のこの記事に出てきた、耐用年数を軽く超えて融資してくれた金融機関名と支店名の実名については、皆さん気になることと思いますので、僕のLINE@に登録してくれてる人には明日、2016年8月20日の朝6:00にLINEに送信します。
そういうわけで、まだ僕のLINE@に登録してない方は、今すぐ追加登録しておいてください。一切出し惜しみせず情報お教えしてます。
LINE登録はここから
↓ ↓ ↓

友だち追加

ワンクリックで登録できない人は、
僕の個人アカウント: @kaf7097l
を検索して登録しておいて下さい。
LINE@では、ブログ紙面上で公に出来ないクローズドな情報を配信しています^^