自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

ストレス社会を生き抜く術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

人間関係のストレス、
仕事のストレス、
デジタルデバイスが原因の
テクノストレスなど
現代はストレスの多い社会
と言われています。
 

そんな時代において
あなたはストレスに
どう対応していますか?
 

ほとんどの方が
「発散」という形でストレスと
向き合っているのではないでしょうか?
しかし、発散では
いつか限界が来てしまいます。

 
そこで今回は、
ストレス自体に強くなってしまう
方法についてご紹介します。

 
 
 

ストレスをコントロールする手法

従来は「ストレスは発散するもの」
と考えられていました。

 
しかし、今は
「ストレスをマネジメントする」
という考え方に移行しています。
その方法として注目を集めているのが
「レジリエンス」です。
 

レジリエンス(resilience)とは、
回復、復元力、弾力という意味です。
ストレスで受けたダメージを回復する力、
ストレスを跳ね返す力のことを指します。
 

レジリエンスの基本的技術として
「ネガティブ思考との向き合い方」
があります。

 
不安や心配などから生まれる
ネガティブ思考を
どうコントロールするかで
ストレスから身を守ることができるのです。

 
 
 

レジリエンスに必要な力

ストレス耐性をつけるために
必要な力があります。
それが「セルフエフィカシー」です。
 

セルフエフィカシーとは、
「自己効力感」のことで
その状況下において
「やればできるという自己に対する信念」
のことです。
 

そして、このセルフエフィカシーを
構成するのが次の4つです。

 
「成功体験」
「代理体験」
「社会的説得」
「生理的・情緒的喚起」

 
成功体験とは、
自分で決め行動し、
成功した体験のことです。
 

代理体験とは、
他者の成功体験を
モデリングすることです。

 
社会的説得とは、
周囲からの励ましの言葉を
かけられた経験のことです。

 
生理的・情緒的喚起とは、
気分を上げるための行動をしたり
ポジティブな雰囲気を
出したりすることです。
 

これら4つを高めることで、
セルフエフィカシーが確立し、
ストレス耐性が身につくのです。

 
 
 

ストレスは必要なもの?

ストレスは無くせばいい
というものではありません。
また、ストレスは
無くなるものでもありません。
ストレスは人間にとって
必要不可欠だからです。

 
ストレスを乗り越えることで
人は成長します。
そのためには
「上質なストレス」が必要です。
 

上質なストレスとは、
適度なストレスのことです。

 
逆U字仮説という理論があります。
これは、
「人は適度なストレスを感じることで、
最適なパフォーマンスを発揮できる」
という理論です。
 

よくアスリートが
「本番前はちょっと
緊張しているくらいがいい」
と口にします。
 

これは、適度なストレスを
感じていた方がいい結果を
出せることを知っているからです。

 
このように上質なストレスを
バネにすることで
自己の成長に繋がるのです。

 
 
 

まとめ

ストレスをよりストレスとして
感じてしまう元凶があります。
それが「他責思考」です。
 

他責思考とは、
「人のせいにすること」です。
あらゆる原因を人のせいや、
環境のせいにしてしまうと
人は強くストレスを感じます。
 

なぜなら、他人や環境は
変えることができないからです。
これらを踏まえると
ストレスに強くなるには
ストレスをコントロールできる
「理論」と「確信」
を持つことなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2019年3月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image