戸建ゼロ円ゲットから融資をフル活用したレバレッジ不動産投資まで。不動産投資で成功するための知恵とテクニックをすべて公開しています。

自己資金が少ない人はどうすればよいか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで情報発信はじめました。
LINE追加してください~!!
友だち追加

最近、不動産投資家予備軍のために個別面談をガンガンやっています。

その中で多いのが、属性は良く年収はそこそこ高いけど自己資金が極端に少ない人。これ、不動産投資をするにあたってはかなり致命的だと思ってください。

当の本人は、あまり危機感がなく、年収1000万円あるから銀行はどこか貸してくれるでしょ?と思っている人も多いのですが、正直そんなに甘いものではありません。

特に年収と同じくらいの預貯金がないという人は、銀行から見て、「浪費家」という色眼鏡で見られます。

ご家庭のことですから、いろいろと複雑な事情があるのは僕はお察しすることができます。しかし多額の資金を貸し付ける側の銀行からみるとどうでしょう?

やはり「貸したお金が返って来るか?」そこの保全が銀行は最優先です。

だからいくら年収が高くっても「手元に50万円しかありません」「100万円しか預金がありません」というのは論外な訳です。

 

それでは自己資金がいくらあればいいか?

これは、投資したい規模によって異なってきます。

最低限、一棟モノのアパートを銀行融資で購入するなら、小さくても2000万円くらいの物件でしょうから、諸費用だけ考えても最低でも200万円、そのあとの営繕費を考えると、やはり300万円くらいの資本を準備してからでないと不動産投資を始める資格はない、と言えます。

もっとも、不動産投資は銀行の信用をもとにレバレッジを利かせていく投資なので、少なくとも年収と同じくらいの流動性資金(現預金)を準備しないと銀行からすると不安人物に見えます。

年収500万円の人なら現預金500万円、年収1000万円なら現預金1000万円、です。

 

もちろん、アパートローンといって年収だけに対してその10倍までとか貸してくれる簡単な銀行もありますが、それらは金利が高い場合が多く、いまのご時世でその高金利を支えられる物件の方があまり無いでしょうからこれも現実的なものではありません。

では「実際に手元資金が少ない・・・」「少しはあるけどほぼ使えない・・・」という方はどうしたら良いのでしょうか?

先日このブログでも取り上げた僕のいとこは社長夫人というセレブ生活から一転、会社の倒産で極貧生活に転落しましたが、そこから自分一人で物販ビジネスを始めて、いまでは主婦なのに月収100万円を余裕で実現できるまでになっています。

「とにかく人生を変えたい」とか「会社なんか卒業して自由になりたい」とか、頭のなかで思い描いて「不動産収入を得たいんです!」と言って僕のところに相談に来る人は多いのですが、そのために自分ができる努力を惜しまずガムシャラに何かやっている人は本当に少ないです。

正直言って物販ビジネスがいいのか、ナニがいいのか?僕にはわかりません。

それでも、高みに向かって手を伸ばしもがき、あがき、努力するそのスタンスが最も重要なことだと僕は思います。いとこのマインドに、一度触れてみてもらえれば幸いです。
セルフトレーディングマスターバイブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image