先日、新宿の京王プラザホテルで
「ごま書房新社“不動産分野”
著者陣大集結ミーティング2017」
という記念式典に呼ばれて参加しました。

僕は、2013年にごま書房さんから
『空室率70%でもキャッシュが回る
非常識な不動産投資術』
http://sugitaya.net/book2
という書籍を出版させて頂き、

一年後の2014年にはその改訂版を、
また今年の8月には、
『自己資金ゼロからキャッシュフロー
1000万円をつくる不動産投資!』
http://sugitaya.net/book3
という本を出させてもらいました。

来年にもまた新刊や改訂版を
ごまさんから出版することが
既に決まっており、
池田社長以下、編集長や営業の方にも
かなりお世話になっていたりします。

そんなごま書房新社さんで、
不動産投資関連の本を出版している
著者仲間19人が一堂に集結し、
+関係者含めて計50人で、
京王プラザホテルの44階で、
パーティーを開催したのです。

そんな中で、諸先輩方を差し置いて、
乾杯の音頭をとらせて頂き、
非常に楽しかったです。

緊張の面持ちで挨拶する写真はこちら↓

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても著者の方々は、
皆さん一様に個性が光っており、
パネルディスカッションやトークショーも
かなり面白く勉強になりました。

それと、
最近は出版も女性陣の活躍が目覚ましく、
今回も4人に1人は女性著者、
ライターさんたちも女性が多く、
地味だった不動産投資業界が、
パッと華麗な雰囲気になりました。

 

 

 

 

また、今後これから出版を控えている
新進気鋭の投資家さんたちも参加され、
なんか一気に業界が若返りそうな予感です。

例えば僕の友人のサトウアツキ。

彼はもともとヘアスタイリストという
フリーランスの個人事業主で、
しかも30代半ばと若いこともあるので、
普通は不動産投資のハードルも高いのですが、

半年で3棟2億を買って、
年間キャッシュフロー500万円を
いきなり達成して、今も新たに
2棟取得に向けてアグレッシブに
銀行開拓やっていたりします。

若い人がなりふり構わずガンガンやるのは
どの業界でも活気が沸くので、
非常に良いことだと思います。

 

 

 

 

そんなんで、
不動産投資業界とごま書房新社は、
2018年も目が離せないですね。

ごまさん、今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いします!

著者・椙田拓也