自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

お金と価値の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です。

お金に価値はありません。

もう少し正確にいうなら、
「お金そのものには価値はない」
というべきでしょうか。

誰もが、さも当たり前のように、
お金を稼ぐため必死で働いていますが、
稼ぐ対象の「お金」について
正確に認識している人はかなり少ないです。
試しに周りの人に
「お金ってなに?」
と尋ねてみてください。
明確な答えが返ってくることは
ほとんどないでしょう。

お金についてきちんと認識できていないと、
お金に振り回される人生になりかねません。

マネー総研の所長として、
今回僕が伝えたいのは、
お金を稼ぎたいすべての人に知って欲しい
「お金と価値の話」です。

ーお金の正体とは?ー

そもそもお金とはいったい何なのでしょうか。

お金の正体をひとことで表すと、
「等価値のものと交換するためのツール」
です。

「お金そのものに価値がない」
といった理由はここにあります。

お金は、モノやサービスと交換して
初めて価値が生まれます。

どれだけ多くのお金を稼いでも、
使わなければまったく価値はありません。

しかし、世の中のほとんどの人は
このことを忘れてしまっています。

ただの交換ツールであるにもかかわらず、
多くの人はお金を稼ぐこと自体が
目的化してしまっているのです。

これではその価値を十分に活かすことができません。
お金に振り回される人生になってしまう
可能性も高いと言えるでしょう。

この現状を改善するためには、
お金について正しい認識を持つことが重要です。

お金の正体が、
「等価値のものと交換するためのツール」
ということは、歴史が教えてくれます。

ーお金の歴史ー

ご存知の通り、
お金が発明される前、
人間は長いあいだ物々交換をしていました。

たとえば魚が欲しい人と肉が欲しい人がいて、
お互いにニーズが合えば魚と肉を交換していたわけです。

しかしここにはいくつか問題がありました。

自分の欲しいものを持っている人が
いつも見つかるわけではないし、
保存の効かないものは腐ってしまいます。

そこで考えられたのが、
現代のお金の起源にあたる
「交換ツール」です。

つまり、
物と物を直接交換をするのではなく、
一旦共通の価値をもつ何かを介して交換をする
という考え方が生まれました。

最初は、
「貝殻」、「金」、「銀」といった
その時代に価値の高かったものを、
全員共通の価値を持つ交換ツールとして
扱っていたものの、
稀少性の高さから流通量に限界がでてきます。

そこで次に生まれたのが「貨幣」です。

大量に産出できる金属を原料として
貨幣をつくり、流通量を確保しました。
そのうち国家がその価値を保障することで、
コストをかけず、より大量に発行でき、
持ち運びもしやすい「紙」、
つまり「紙幣」が生まれます。

現代のお金は、
このような歴史を辿って誕生しました。

「金」や「銀」などお金そのものに
価値のある時代もありましたが、
現代のお金そのものには価値はありません。

お金がただの交換ツールである
という意味が理解できたかと思います。

ーお金をうまく利用するー

お金について正しい認識を持っていれば、
お金に振り回されることがなくなります。

お金を稼ぐことが「目的」ではなく、
「手段」であることが理解できるからです。

お金は使わなければ意味がありませんし、
お金を得たいのであれば、
得たいお金と等価値の何かを
自ら提供しなければなりません。

お金は、
「等価値のものと交換するためのツール」
でもあるわけです。

なんのためにお金を稼ぎたいのか。
お金を使って何を得たいのか。
ぜひ一度ゆっくり考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年8月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image