自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

その投資は投機になっていないか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

仮想通貨、フィンテック、民泊・・・
巷を賑わすサービスや商品の登場により、
投資の選択肢が増えています。

個人投資家にとって、
今はまさに新たなフロンティア、
新たなゴールドラッシュの時であり、
自宅で仕事をしながら金銭的に
自立する機会でもあります。
 

その一方で、流行りに乗り遅れまいと、
むやみに投資に走る素人が少なくないことに、
個人的には少しハラハラしてしまいます。

勿論すぐに行動することは大切ですが、
流行りだからという理由で投資を行なって、
長期的に成功する可能性は低いでしょう。

では、投資をするにあたって、
どんな要素を吟味すべきでしょうか?
今回は流行りの投資に潜むリスクについて
一緒に検証してみましょう。
 

-投資家と投機家-
 
あるプロの投資ディーラーは、
現在の新参者をこう分析しています。
 
「彼らは投資家としてではなく、
投機家として参加する傾向にある。
それを投資と呼ぶ人もいるかもしれないが、
自分の投資先について本当は、
何も知らないという人も多い。」
 
あなたの投資スタイルは、
プロ投資家の目から見て投資でしょうか。
ただ踊らされているだけの投機ではないでしょうか。
 
その前に、そもそも投資とは何か?
 
投資家のレジェンド、
ウォーレン・バフェットの師として有名な
ベンジャミン・グレアム氏によると、
 
「投資とは詳細な分析に基づくものであり、
元本の安全性を守りつつ、
かつ適正な収益を得るような行動を指す。

そしてこの条件を満たさない売買を、
投機的行動であるという。」
と定義しています。
 
投資の具体例を挙げると、
投資信託など長期的な運用によって
収益をあげられるものを指す場合が多いです。

 
一方、投機とは何でしょうか?
 
投機とは一般的な定義によると、
短期的なお金の運用や売買を通して、
売買の差額による利益、つまり、
自分の儲けのみ追及する行動を指します。
 
具体例を挙げると、
株やFXのデイトレードに代表される
短期取引を指す場合が多いですね。
 
言い換えれば、投資家は、
長期的な視野で挑む戦略家であり、
投機家は短時間で自分の利益だけに集中する
ギャンブラーであるということす。
 
 
-流行りの投資は宝くじのようなもの-
 
先に挙げた仮想通貨などは、
いま流行りの投資対象になります。

ビットコインの名称は知ってはいても、
なぜ話題になったのかを過去現在未来の
時系列で説明できる人は少ないでしょう。

よく知らない人からの電話では、
金銭取引に応じないのが当たり前のように、
自分がよく知らないことに対して、
安易にお金を投資することは妥当ではありません。
 
しかし、その現実を無視させる、
流行りや参加しやすい条件に注目して、
無謀な投資家が玉砕されていく光景が
いまも繰り返されています。

電話での振込め詐欺が多発したように、
無知な投資家を餌食にする、
手の込んだ仕組みがあることも事実です。

詐欺に引っかかる人の多くは、
自分だけは”特別”だと思いたがるものです。
 
 
-自分の目でリスクを見えるようにする-
 
2017年フォーブス世界長者番付2位に輝いた
著名な投資家ウォーレン・バフェットも、
最初はブローカーの甘言に踊らされ、
投資に失敗しています。

しかしその失敗から学び、リカバリーし、
今では資産総額756億ドルという
途方もない資産を築いて成功しています。

彼は流行りの投資に関して、
次のような名言を発しています。
 
「リスクとは自分が何をやっているか
よくわからないときに起こるものである。」
 
つまり、流行りの投資について
知人や家族に説明もできない状態で
投資に参加することは、

勇気ある挑戦でも何でもなく、
ただ潜む危険に飛び込もうとしているだけの
自殺行為であると言っているのです。
 

-結論-
 
他人には自分の人生の舵はきれません。
投資の決断はすべて最後は自己責任です。
 
リスクマネジメントできている人なら、
中古車を買う前には必ず独自に、
点検してくれる整備士に見てもらいます。
 
この行動は保守的に思えるかもしれませんが、
欠陥エアバッグ問題で経営破綻した、
タカタのように責任の所在についての
自己認識の低さがリスクを生じさせます。
 
世の中には、車の運転など
人身に影響を与える可能性があるものには
免許制度がありますが、
自分でお金を運用する投資には
この免許制度がありません。
 
まずは投資家として、
“このような人になりたい”
と思える人からリスクやルールは学び、
その上で投資を行うのが賢い選択になります。
 
巷で流行りの投資を煽る輩も多いですが、
魑魅魍魎が蠢く投資の世界では、
無知は格好の餌食にされる可能性があります。

安易に情報に流されることなく、
しっかりとした準備と学びで臨むことをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image