自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

不動産投資の成功のカギ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

不動産投資には決まった型があります。

特に重要な融資戦略に関しては、
属性(年収の多寡や資産背景)により、
いくつかのパターンに分類されますが、

それよりも大切なことは、
メンターに指導してもらうこと、です。

昨今では企業のトップだけではなく、
働き方改革のひとつとして、
新卒採用の社員にもメンター制度を採用する
企業も存在しており、

ビジネスのローモデルとして
メンターの重要性が問われ始めています。

不動産投資においても、
良きメンターがいるかいないで、
その戦績は大きく違ってくるでしょう。

-そもそもメンターとは?-

メンターは英語では「Mentor」と表記し、
客観的な目線でアドバイスを行ない、
アドバイスを受ける「Mentee」の
目標へと導く人のことを指します。

人は何かを始めようとするときに、
友人や家族に相談することが多いでしょう。

日常に関することであれば
仲の良い人に相談するのも良いですが、
ことビジネスにおいては、
その分野で成果をだしている人や、
経験豊富な人にアドバイスを求めるべきです。

なぜならビジネスや投資は、
すでに成功している人の行動や思考を真似て、
実行していくことが一番手っ取り早く、
そのうえ確実だからです。

0から1を生み出すことは非常に難しく、
才能はもちろん行動力、人脈、センス…
他さまざまな能力が問われ、
努力しても結果をだせる人はほんの一握りです。

しかし、1を2や3に増やしていくことは、
実はそれほど難しくありません。

既に結果を出している人からノウハウを吸収し、
アドバイスを受けて実行していけば、
自ずと結果はついていきます。

効率よく、そして大きく失敗せずに
ビジネスや投資を行なっていくためにも
是非メンターをみつけましょう。

特に、右も左もわからない初心者は、
メンターの存在が非常に重要です。

-不動産投資のメンターはどうやって探す?-

メンターとする人物は、
以下の条件を満たす人が望ましいです。

・不動産投資をしている
・不動産投資で成功も失敗もしている
・門下生がおり門下生も成果を出している
・不動産業界に厚い人脈をもっている

不動産投資のメンターを探すならば、
メンター自身が不動産投資を行なっている
現役のプレイヤーであることが必須条件です。

また、成功体験だけではなく、
失敗した経験があると尚更良いでしょう。

失敗を乗り越えてきた人は、
リスクを回避する術を体得しているからです。

成功をし続けてきた人物より、
不動産投資の酸いも甘いも知る人の方が、
生きたアドバイスをしてくれるでしょう。

またメンター自身に門下生がいて、
彼らが成果を出しているか否かも重要です。
メンターの実力を測るバロメーターになります。

さらにはメンター自身に人脈があれば、
良い物件を紹介してもらえたり、
融資が通りそうな金融機関を教えてもらえる等、
メリットも多いでしょう。

不動産投資のメンターはコンサルを受けたり、
不動産投資セミナーに参加して、
自分に合いそうな人を見極めます。

お金を多少かけてでも最短最速で
不動産投資を成功に導いてもらった方が
効率的かつ効果的ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image