自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

人は見た目で判断する生き物である

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

「人を見た目で判断してはいけない」
と教わったものの、
現実はどうかと言うと、
ほとんどの人が大抵のことを
見た目で決めているのではないでしょうか。

「ちゃんと中身も見ている」
と反論する人ほど、
見た目で判断している可能性があります。

そんな「見た目」について語りたいと思います。。

人は、初対面の人と出会った時、
無意識に相手を「○○な人」と
イメージづけします。

これを心理学で「初頭効果」といいます。

心理学者ソロモン・アッシュが提唱したもので
第一印象で植え付けられた
「この人は優しい」「あの人は暗い」という
イメージがその後も定着してしまい、
相手を判断する優先材料となるのです。

ビジネスシーンなど、
最初の出会いで印象が良ければ
その後の印象も良くなり、
取引が円満になります。

ただし第一印象とは、
出会った瞬間だけではなく、
その別れ際も重要な印象となります。

これを「親近効果」といい、
前半の情報よりも後半の情報に人は関心を持つ
というもので、

同じく心理学者の
N・H・アンダーソンが提唱したものです。

話の終わり際に、
インパクトのあることを話すと、
そのイメージが強く残るのです。

これらのことから、
「出会いと別れ」に注力することで、
人にいい印象を与えることができます。

逆に言うと「出会いと別れ」が悪ければ、
その後の関係も悪くなる可能性が高くなります。

ところで、どれだけ人が見た目で
判断されているかわかる「法則」があります。

それが「メラビアンの法則」です。

「メラビアンの法則」とは、
人のイメージは言葉と語調と
ボディーランゲージの3つで決まるというものです。

この3つには割合があり、
言葉の与える影響は7%、
語調の与える影響が38%、
ボディーランゲージが55%となっており、

ボディーランゲージの与える影響が
圧倒的に高いことがわかります。

つまり、
ボディーランゲージという「見た目」が、
人の印象をほとんど決めてしまうのです。

その人の姿勢、表情、視線、しぐさなどを
気持ち良くすることで、
人に与える影響も良くなります。

人に与える影響と言えば、
もう1つ気をつけなければならないことがあります。

それが「パーソナルスペース」です。

我々人間は自然と
「距離感」を保ちながら生きており、
この距離によって人に与える影響が変わるのです。

この距離は主に次の4つに分類されます。
「公衆距離」
「社会距離」
「個体距離」
「密着距離」
です。

「公衆距離」とは、
3.6メートル以上離れており、
街を歩く他人の関係です。

「社会距離」とは、
1.2~3.6メートルの間で、
形式的、儀礼的な関係です。

「個体距離」とは、
45cm~1.2メートルの間で、
友人や知り合いなどの関係です。

「密着距離」とは45cm以内で、
恋人同士の関係です。

この4つの距離の中で、
その後最も影響を与えるのが、
「社会距離」です。

この社会距離で初めて出会った時、
いい印象を与えることで、
その後の関係も良好になっていくのです。

冒頭の、
「人を見た目で判断してはいけない」
という教えは、どちらかと言うと、
人間は見た目で判断してしまう生き物だから、
それに引っ張られないようにしなさい…
という教えだったということが分かります。

それだけ人間は、
視覚情報に頼って生きているのです。

「人は見た目が○割」といいますが、
見た目を良くすることで得られる
メリットは果てしなく大きなものです。

性格を変えることは容易ではありませんが、
見た目を変えることは今すぐできるので、
これを意識して好印象を与える見た目に
自分を改造して行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年6月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image