自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

消費グセがやめられない人へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

「自分へのご褒美」
「月に一度の贅沢」
「これだけは例外」
などと言い訳しながら、
お金をどんどん浪費してしまう人がいます。

そんな浪費グセのある人には、
ある原因から来る共通点があります。

今回は、
この「浪費グセがやめられない人」の
原因について解説します。

-プロセス嗜癖-

浪費グセが止まらない人の原因として、
「プロセス嗜癖」が関係しています。

「プロセス嗜癖」とは買い物でいうと、
目的の商品を得ることではなく、
「買う行為そのもの」に快楽を求めてしまうことです。

これが単発の衝動買いではなく依存症の場合、
自分の支払い能力を超えてまで
買い物をしてしまう危険性があります。

このプロセス嗜癖を防ぐ方法が2つあります。

1つが、
「依存原因となるストレスや不安と向きあう」
ことです。

このストレスを何か別の形で発散することで、
プロセス嗜癖を防ぐことができます。

もう1つが、
「周りの人のサポート」です。

家族や夫婦など周りの人が異変に気づき
指摘することで、防ぐことができます。

-心の会計-

お金の判断を狂わせるものとして、
「心の会計」というものがあります。

心の会計とは、
「相対性によって金額を見誤ること」です。
行動経済学者が行なった調査を紹介します。

まず被験者たちにこのような質問をします。

「あなたが以前から欲しかった服が、
近所の店では1万円で売られています。
その店から10分ほど歩いた別の店では、
9000円で売られています。
あなたなら近い方の店で買い物をしますか?」

もう1つ質問をします。

「あなたが以前から欲しかったバックが、
近所の店では5万5000円で売られています。
その店から10分ほど歩いた別の店では、
5万4000円で売られています。
あなたなら近い方の店で買い物をしますか?」

前者の質問はYesと答えた人が多く、
後者の質問はNoと答えた人が多かったのです。

Yesと答えた多くの人が、
「心の会計」の犠牲者です。

落ち着いて考えてみるとどちらも、
「1000円節約するために10分歩きますか?」
という質問です。

1000円得することが目的なら、
どちらもYesかNoになるはず。

それが支払う価格の大小によって
ブレるということはつまり、
イメージだけで判断していると言えます。

これが「心の会計の正体」です。

なんとなくのイメージではなく、
実際の数字で損得をしっかり計算することで、
正確な判断ができるようになります。

-ギャンブルの代表選手-

ギャンブルの代表選手として、
宝くじや競馬があげられます。

実は、宝くじや競馬は、
「最も還元率の悪い投資」です。

競馬は胴元であるJRAが
売り上げの25%を無条件で持っていき、
馬券を買った人は残りの75%で分け合う
という仕組みになっています。

更に宝くじは、地方自治体が
売り上げの52%を無条件で持っていく
という仕組みです。

すなわち宝くじなどは、
すべて買い占めたとしても、
半分も回収できないギャンブルなのです。

どちらも投資目的でやるとしたら、
これほど割に合わない投資先はありません。

心の浪費グセの正体は、
実体のない自分の中に原因があるのです。

心の会計やギャンブルなど、
人はお金をイメージだけで判断しようとします。

「総額3億円」「○○%off」など、
いい側面しか目に入らないのです。

その裏に隠されたカラクリを知り、
正確な数字を割り出し、
理性で判断していくことが、
浪費グセをやめる一歩となることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年9月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image