自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

ビジネス初心者が陥りがちな罠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

いま自分がやるべきことが明確でない人は、
流行りに流されやすいものです。

それは、
自分にとって本当に必要なものが何か、
不要なものは何かという自分軸が
しっかりしていないからです。

そうなると、
次から次へと登場するビジネスや
ノウハウに目移りしてしまい、
目の前にある大切なものに気づかず、
結果的に価値のないものを選んでしまう
リスクが生じてしまいます。

何かビジネスを始めようとしても、
何をすればいいかわからず、
とりあえず今旬なものに手を出してしまう。

プロのマーケッターであれば、
世の中で旬になっているビジネスを
始めるのはリスクが高いと気付いています。

すでに先駆者が稼げる仕組みを構築し、
競合しない分野を探すのに時間がかかること、
さらに「楽に儲かる」「空いた時間で出来る」
というイメージのせいで過当競争による
参入難易度上昇が考えられるからです。

では、
こうしたリスクを最低限に抑えながら
ビジネスを始めるためには、
何をすればいいのでしょうか?

-何をしようとするのか明確な目標を定める-

ビジネスを始めようとしている人は、
成長段階という点で分類すると、
幼児期と言えます。

進み方がまったくわからないゆえに、
何をすればいいわからない状態です。

そんな状態で、
年収1000万を手にする方法、
いわば青年期の方法に注目して
行動しようとしたらどうなるか?
は推して知るべし、ですよね。。

現在の多くの起業難民は、
このような成長の階段の飛ばして、
登り降りを繰り返しています。

しまいには事故を起こして破産
という大怪我をする方も少なくありません。

そんな怪我人をこれ以上増やしたくない
という思いで出版されたセス・ゴーディン著の
『ビジネスの始め方がわからない人へ(邦題)』
には以下のように書かれています。

“まず必要なのは、
自分の強みと弱みを見極めることである。
そうすれば事業を実現するだけの
資質があるかどうかがわかるものだ”

この助言を参考に、
目標を立てる際には、
「やることリスト」と
「やらないことリスト」
をつくることができます。

言い換えれば、
「自分にとって必要なもの」
「自分にとっていらないもの」
のリストを作成することになります。

-何をすべきか見極め、最短でゴールを目指す-

ビジネスを始めようとしている人は、
問題と課題とゴールを確認して、
そこを見ながら自分の目指すべき
最短距離を探していきましょう。

ビジネスにおける幼児期では、
自分が何をしようとしているか?
よくわかっていないという問題点があります。

この段階では課題として、
まずは何でも良いから販売によって
利益を初めて出す、という事を設定しましょう。

そして自社の商品やサービスが
市場に登場した際に、
徐々に消費者層に需要が広がっていくか?
検証できるまで販売を続けることです。

この段階で必要なスキルは、
実行力であり、段取り力であり、
商品を企画し売るというガッツです。

このステージでどうしたらいいか分からず
燻っている人は参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年9月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image