自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

今さら聞けない株のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

TVやインターネットなどで、
「株で数千万円儲けた!」
「株でセミリタイアが実現した!」
という声を聞きます。

一方で所有していた株が大暴落し、
借金地獄になってしまった人もいます。

「結局、株ってどうなの?」
という疑問だけが残ります。

わかっているようで、
わかっていない株について、
今更ですがおさらいしてみます。

-株のキホン-

株とは、
株式会社が資金調達のために
発行する出資証明書のことです。

この証明書を「株券」といい、
出資者が出資したことの証明として発行されます。

この株には相場があり、
市場で価格が決まります。

これを「株価」といいます。

人気の株には高い株価がつき、
人気のない株には低い株価がつきます。

基本的な株式の投資法は、
「安い時に買い、高くなったら売る」
というものです。

その差額が利益になります。

この株式投資をする上で、
必要不可欠なものが2つあります。

それが「会社の情報」と、
「世間の人がこの株をどう考えているか?」です。

会社の情報とは、
「将来、業績が伸びる見込みがあるか」
「経営者はどんな経営方針か」など、
会社がこの先どのように伸びていくか?
を見極めるための情報です。

「世間の人が株をどう考えているのか?」は、
株価は人気によって変動するので、
世間からどんな視点で見られているかが重要となります。

「○○会社不祥事」や
「○○会社倒産の危機」と報道されれば、
世間の人は、
「あの会社の商品を買わないほうがいい」
となり株価が下がるのです。

常に「会社の情報」と
「世間の人がこの株をどう考えているか?」
を意識し先見の明を持つ人が、
株で儲けられる人なのです。

-アメリカ相場の法則-

株式投資をする上で、
知っておくべき法則があります。

それが、
「アメリカ相場の法則」というものです。

これは「上がれば下がる」という、
米国における株式や商品相場の「警句」です。

物を上に投げれば、
地面に落ちてくるように、
株価も上がれば下がるものです。

2015年、政府の円安導入により、
日経平均株価が21000円に達すると
評論家は予測していました。

しかし、同年1月6日には、
前月比600円近く暴落したのです。

多くの投資家が、
まだ上がると思い込んでいる場合、
その株はすでに天井近くであるため、
すぐに暴落する危険性をはらんでいます。

まさに上がれば下がるということです。

-まとめ-

TVや雑誌では、
「株で儲けた」とあたかも
株投資が簡単に稼げるイメージを与えます。

しかし、普通に考えて、
勝てる人がいるということは、
負ける人もいるということです。

言い換えると、
負けている人がいてくれるから、
勝てる人が存在できるわけです。

そんなわずかな勝者は、
先を読む力が必要です。

会社の未来予想、景気と動向、
政策や人の心理にいたるまで、
多角的視野で物事を見ていく必要があります。

このゼロサムゲームと呼ばれる
お金の奪い合い合戦の勝者は、
ごく一握りの人だと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年9月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image