自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

人生が変わる「謝り方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

人は「謝る時」に真価が問われます。

なぜなら謝るときに、
その人の本質が露呈されるからです。

そしてその謝り方ひとつで、
その後の展開がガラリと変わっていくのです。

そこで今日は、
人生が好転する「謝り方」について、
書き留めますので参考にしてください。

‐謝罪とは何かを考える‐

人生が好転する謝り方は、
「謝罪の本質」を知ることから始まります。

謝罪とは、言ってみれば
「とことん謝る」ことです。

反省し、
相手に誠意を伝え続けるのが目的です。

なぜなら謝罪される側に、
「許す義務はない」からです。

取引で大失態をした。
謝罪をしたけれど、
許してもらえない。

人は謝ったのに許してもらえないと、
自分に非があるのにも関わらず、
ふて腐れてしまう生き物ですよね。

そこには「謝れば許してくれる」という、
傲慢さがあるからです。

これでは相手が
許してくれるはずがありません。

‐言い訳はアウト‐

謝罪するときに、
絶対にやってはいけないことの一つが
「言い訳」をすることです。

言い訳とは相手の為ではなく、
自分の為だという醜い行為だからです。

見事に謝罪をこなしたとしても、
「しかし…」「ただ…」と始まったら、
この人は本当に反省しているのか?
と思われてしまいます。

言い訳した瞬間に、
反省の色がまったくない
印象を与えてしまうのです。

謝られる側からすると、
言い訳されても理由は関係なく、
納得できるはずがありません。

逆に、言い訳すればするほど、
ドツボにはまってしまうのです。

‐感謝する‐

それよりも、謝罪をする上で、
なぜ相手が叱っているのか?
を考える必要があります。

相手は改善を願って怒っているのです。
そう考えるとむしろ感謝すべきです。
あなたの不備が顕在化したからです。
それを潰せば、ひとつ成長できるからです。

上司が部下を叱るのも、
もっと仕事ができるように
なってほしいからです。

ラーメン屋にクレームを言うのは、
もっと美味しいラーメンを
作ってほしいからです。

本当に嫌だったら、
相手はその場から去って終わりです。
無関心こそが最大の復讐なのです。

‐まとめ‐

謝罪とは、
謝罪というポーズを取ることではありません。

心から相手に反省していることを
伝えることです。

「心から」というのがポイントです。
なぜなら、相手は謝罪する時の態度を、
よく見ているからです。

人は心の中の有様が、
態度に出てしまうので、
ここに注意しなければなりません。

謝罪を機に伸びていく人と、
謝罪を機に落ちぶれていく人の明暗は
まさにここで分かれるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年9月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image