自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

客付けに広告費を支払う時の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

閑散期に空室が出てしまった場合、
なかなか入居者が決まらずに
苦心することもあるでしょう。

そのような時には、
不動産会社に広告費を支払い、
積極的に宣伝活動をしてもらうのも
一つの有効な手段です。

しかし、
むやみに広告費さえ支払えばいい
というものでもありません。

広告費はどれくらい支払うべきか、
またどのようなことに注意すべきか
について考えてみましょう。

-1.周辺の競合物件の相場を調べる-

まず広告を打つ前に、
広告費の金額を設定する必要があります。

大家サイドとしてはできるだけ
安く済ませたいと思うのが心情ですが、
周辺の相場に合わせなければ
広告費を出してもなかなか決まりません。

広告費の相場はエリアによって異なり、
地域によっては家賃4ヶ月分以上の
広告費を支払うのが当たり前・・
というエリアもあります。

もちろん多額の広告費を支払うとなれば、
客付会社も優先して紹介してくるので
決まりやすくなりますが、
その分経費もかさんでしまいます。

適切な相場を見ながらライバルより
少しだけ多目の額を出していきましょう。

もし空室期間が長い場合は、
相場を大きく上回る広告費を出して
早期に決めることも検討する必要があります。

-2.リフォーム費用との比較を検討する-

一方、仮に周辺の広告費の相場が
3ヶ月分も当然というエリアに、
ある物件を持っていたとします。

その場合家賃6万円だとすれば、
20万円近くものADがかかることになります。

20万円も支払うのであれば、
かなり質の良いリフォームが可能だし、
システムキッチンの入れ替えなどの
設備の更新も可能になって来ます。

広告費は一度支払ってしまえば
それで終わりですがリフォームや
設備更新だと物件の質が高まり、
以後の集客力がアップします。

ある程度まとまった金額の広告費が
かかってしまうのであれば、
長期的な視点に立って物件の
入居率アップに長く貢献できる
リフォームを考えた方が良い場合もあります。

と言いながら、
僕の場合はリフォームより
ADを支払うことで担当者さんの
期待感を常に上げるようにしていますが。笑

まあ、20万円を超える広告費を
支払う必要がある場合は、
リフォームによる物件力アップを
考えてもいいのかもしれません。

-3.最低入居期間を保証してもらう-

また高い広告費を支払わないと
空室が埋まらない場合でも、
そこでようやく入居が決まったのに、
あっという間に退居されてしまったのでは
たまったものではありません。

きちんとした客付け(審査含めて)を
してくれないヤンチャな客付会社の場合、
とにかく広告費をもらうためだけに
属性の良くない入居者を強引に勧誘し、
空室を埋めることがあります。

支払い能力のない入居者や、
またすぐ退居してしまう入居者が
決まったとしても大家としては
手放しでは喜べません。

そのようなことを防ぐためにも、
客付会社に「最低入居期間」を
設定してもらいましょう。

もし半年や一年未満で
退居してしまった場合には
違約金を支払うなどの条件を設定すれば、
不動産会社も真剣に良い属性の入居者を
決めてくれるはずです。

広告費は短期的な集客にはつながりますが、
掛け捨て保険みたいな性質であり、
無駄な出費になってしまうこともあります。

集客力を高めるためには何が必要なのか、
投資家としてケースバイケースで
最適な選択ができるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年7月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image