自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

チャンスが舞い込む人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

僕は昔から運が強いというか、
なんかチャンスが舞い込むことが多く、
ラッキーだなぁと思ってましたが、
それには理由があるはずと考え、
メカニズムを探ってみました。

まず心理学における特性5因子モデル、
通称ビッグファイブ理論という
性格診断テストの結果を、
成功者と比較してみたところ、
チャンスを招きやすいとされる人の
思考や反応が解明されてきたそうです。

自分を不運だと思っている人は、
希望を高める行動を取りにくい
という結果になっています。

一方で、
自分が幸運だと信じている人は
常に楽観的に物事を受け止め、
希望を高める行動を起こしやすい
傾向にあることがわかっています。

五輪連覇という偉業を達成した
羽生選手も後者の考え方の人です。

ケガの状態は必ず回復するはずだ、
と楽観的に考え、すぐに
希望を現実にするためのリハビリを始め、
本番ではチャンスをものにして見事、
金メダルを取りました。

こうした考え方や行動力が、
チャンスをつかむ力となっていくのです。

-行動がチャンスを作る-

行動を開始することの重要性は、
脳科学の研究でも証明されています。

手を動かす、作業に手をつける、
つまり行動を起こすと、
脳内でドーパミンが放出されます。

ドーパミンはホルモンの1つで、
「期待のホルモン」と呼ばれ、
不安や抑うつを低下させ、
やる気を高める働きがあります。

行動することによって、
「もっといいことが起こるのではないか」
という希望に向かって、
さらに行動が駆り立てられるのです。

ここで興味深いのが、
やる気が出たから行動するのではなく、
行動したからやる気が出てくる・・
という仕組みがあることです。

つまり、動き出すことで
チャンスが自然に増えていくのです。

チャンスをつかむ人とは、
最終的によい成果を出し、
本人のやる気が上がった状態に
自分自身を導ける人のことです。

-自分だけの幸福シナリオを意識する-

チャンスを掴むうえで大事なことは、
目の前の短期的な運や不運よりも、
どうすれば将来の幸福度が上がるのか、
成功シナリオを意識することです。

幸福度の研究では、
人は自分が成長している過程、
右肩上がりの状態にあるときに
最も幸せを感じるという結果が出ています。

人生において、
行動や考え方や見方を変えていくことが
結果的にチャンスを呼び込むことになるのです。

僕は、運の源泉というはすべからく
マインドセットにあると考えています。

どんな行動を起こせば、
失敗を遠ざけることができるのか。

どんな準備をしていると、
チャンスに気づくことができるのか。

そして、どんな習慣を身につければ、
やる気を持続的に味方にすることができるのか。

最初に必要な知識を身につけてしまえば、
チャンスを見極めるようになります。

しかも、知識を使えば使うほど
磨き上げられて新たな組み合わせや
独自の法則が見つかるなどして、
その力はますます高まっていきます。

-まとめ-

うまくいけば、運がよかった。
うまくいかなければ、不運だった。

そんなふうにぼんやりと
チャンスを捉えていては、
成長はありません。

朝、会社に向かう途中に
巻き込まれたトラブルから、
ビジネスチャンスのヒントが
見つかることもあり得ます。

すぐに動くか、動かないか。
すぐに試すか、試さないか。
すぐに気づくか、気づかないか。

そこに平等に存在するチャンスに対して、
あなた自身がどう向き合っていくか。

「ない」と思いこんでいれば、
見えるはずのものも見えません。

逆に「ある」と知っていれば、
見えるはずのものがきちんと
見えるようになります。

自ら動き、リスクを取りながら
試行錯誤を続けていくのなら、
人生という長い歩みにおいて
「当たり」を引く可能性は高まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年9月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image