自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

銀行は紹介してもらう方が良い理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

不動産投資をやっている人、
もしくは始めたいという人なら誰でも
融資をしてくれる銀行を開拓することは、
重要なタスクの一つです。

僕自身も以前はそうでしたが、
日々自分で金融機関を開拓している
という人もいることでしょう。

しかし良い条件で融資を受けるには、
実は自分で開拓するのではなく、
紹介してもらった方が良いです。
以下にその理由を挙げてみます。

-1.金融機関は信用を重んじる-

金融機関は信用を非常に重んじます。
特に取引きのない個人がいきなり
飛び込みで融資してくれと言って来ても、
まず相手にしてもらえません。

それどころか一見客に対して銀行は、
「招かざる客ではなかろうか」
と眉に唾する思いで接するのが普通です。

既にそれなりの定期預金を預けている
などの付き合いがなければ、
なかなか融資は取り合ってくれません。

融資するに当たり銀行側は、
多額のお金を用意するわけなので、
融資先の返済能力や物件の担保力を
測ることは当然に重要です。

それをじっくり見極めるには、
時間もコストもかかるため、
個人投資家をいちいち相手にしていては
いくら人員がいても足りません。

銀行員の業務は多忙であるため、
付き合いのない新規の個人客に対して、
なかなか相手をしてくれません。

一方でその金融機関と既に付き合いのある
お得意様の客や税理士、会計法人、
不動産会社や経営コンサルなどの
紹介ルートであれば、

ある程度その個人の実績も把握でき、
これまでの経歴や収入も分かるので、
融資の検討にかける時間も削減できます。

-2.紹介者の顔を潰さない-

そして信用を重んじるということは、
融資先のメンツも尊重します。

金融機関にとって特に不動産会社は
毎回大口の取引を運んできてくれる
大変な上客となっていることが多いです。

不動産会社またはそのお客さんに
どれだけ融資できるか次第で、
大きく成績が左右される営業マンもいます。

個人で融資を申し込むと
信用を得るまで大変ですが、
不動産会社経由であれば、
銀行が不動産会社側の面子に関しても
忖度してくれることも多いので、

個人で最初から融資を申し込むよりも
ぐっと融資が通りやすくなります。

個人投資家は不動産会社という
組織の力を借りることで
融資も受けやすくなるのです。

-3.金融機関と不動産会社の関係-

なかでも不動産会社経由で
金融機関の紹介してもらうのは、
物件評価とセットとなるため、
比較的簡単に金融機関に入り込めます。

収益不動産を取り扱う不動産会社は、
日頃から銀行開拓していることが多く、
何度か取引の経験ができていれば
担当者同士がツーカーであることも
少なくありません。

逆に紹介可能な金融機関が少ない
不動産会社は金融機関と付き合いがない
つまり案件数が少ないか、
または特定の銀行とだけベッタリ…
というケースもあり危険です。

銀行との付き合いが少ない理由に、
金融機関の面子を潰すような行為を
過去にやらかしていたり、
評価が伸びる物件のサーチ力が弱い
などが考えられます。

そのような不動産会社は、
投資家にとっても信用のおける
会社とは言えません。

金融機関との関係を構築するには
ある程度時間がかかりますが、
関係が破綻するのは一瞬です。

積極的に融資を受けて
不動産投資を拡大したいのであれば、
金融機関やそこと繋がっている
不動産会社とも良い付き合いを
続けていくべきですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年9月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image