自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

マーケティングのおさらい(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

「物が売れない時代」
と言われている現代・・・
どうしたら「売れない」から
「売れる」に転換することが
できるのでしょうか?

そのカギを握るのが、
マーケティングです。

今日は、
「マーケティングについて復習する」
の第2弾をお送りします。

マーケティングのルールを知り、
「物が売れる」を手に入れましょう。

-マーケティングに不可欠なもの-

近年マーケティングと、
同等の価値があると言われているのが
「ブランディング」です。

ブランドを考えることを
「ブランドエクイティ」といいます。

ブランドエクイティとは、
「ブランドが持つ資産価値」のことです。

ブランドエクイティは、
主に4つの構成要素があります。

「ブランド認知」
「知覚品質」
「ブランド連想」
「ブランド・ロイヤルティ」
です。

まず「ブランド認知」とは、
ブランドがどの程度認知されているか?
ということです。

「知覚品質」とは、
競合製品と比べた時に認識する
品質のことです。

「ブランド連想」とは、
ブランドに対してどれだけ信望しているか
ということです。

そして「ブランド・ロイヤルティ」とは、
ブランドに対しての忠誠心を指します。

これら4つの要素を明確にすることで、
正確に自社のブランドを
評価できるのです。

-マーケティングで必須のこと-

マーケティングでは、
競合よりも優れたメリットを
提供しなければなりません。

その際に必要となってくるのが、
「自社を理解すること」です。

自社を理解する方法論として、
「USPを築く」があります。

USPとは、
uniqu(独自)
selling(売り込む手段)
proposition(提案)
の略で「自社独自の魅力」という意味です。

自社独自の魅力を築くためには、
「業界で満たされていないニーズ」
を知ることから始まります。

不足しているニーズや
サービス、ギャップを知り、
独自の売り込む手段を
顧客に提供するのです。

他者との差別化には
USPを築くことが必須なのです。

-マーケティングは“つながり”で考える-

マーケティングにおいて、
「他社が模倣できない戦略」
を考える必要があります。

他社が模倣できない戦略とは、
「顧客とのつながり」を重視することです。

顧客とのつながりを考える上で
必要なポイントが、
「チャネル」「販促」「価格」
の3つです。

チャネルとは、
顧客とのつながりをつくる場のことで、
顧客と対話を通じて、
相手がどこの誰で、
どんな商品を買ったのか
というデータをもとに、
新しい価値を提案します。

販促とは
顧客に対してどんなメリットがあるのか
を販売提案することです。

価格とは、
最適な価格を提案することで、
メリットに見合った
価格を提供することで、
つながりを深めることができるのです。

これら顧客とのつながりを考えることで、
自然とマーケットを獲得することが
できるのです。

-まとめ-

マーケティングを考える時、
マーケットの向こう側にいる
顧客を意識しなければなりません。

市場とは、お客様の想いの
集大成なのでマクロといえます。

ミクロの存在である、
目の前のお客様を意識しなければ、
マーケットを制することはできません。
すべては小さなことから始まるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年8月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image