自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

常に二手三手先を行く情報収集(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

いま世界で起こっていることを
タイムリーにキャッチすることが、
ビジネスの勝敗や飛躍の成否を分ける
時代だと言われています。

なぜでしょうか。

その理由を次の引用文から、
どうぞ考えてみてください。

サリム・イスマイル著
『シンギュラリティ大学が教える
飛躍する方法』(日経BP社)によると、
「最も早く学習した者が勝つというのが、
現代の勝負のルール」だと述べています。

米国人作家ウィリアム・ギブソン
(William Gibson)の有名な言葉に、

「未来はここにある。それはただ
均等にいきわたっていないだけだ」
というものがあります。

世の中を変える未来、いわば兆しは、
すでに世の中に存在している
ということです。

しかし、多くの人は
その兆しの意味を知ることなく、
見過ごしてしまいます。

結果的に広く知られず、実用化されず
ということになってしまいます。

たとえば、今では
VR (バーチャル・リアリティ)や
ドローンが新たなビジネスの
飛躍へとつながることは
誰でも実感しています。

しかし、実は2010年ごろまで
VRやドローンという技術は、
一部の人にしか知られておらず、
将来の大きなビジネスチャンスとは
思われていませんでした。

そのため、時代の変化の兆しの
見過ごしを防ぐことが非常に重要です。
それにはどんな習慣が必要でしょうか。

それは、世界のビジネス情報に
触れる習慣が良いとされています。

今回は具体的な方法に触れる前に、
世界の情報を触れる必要性について
解説します。

-第二のペリー来航の到来-

1853年、ペリーの黒船が来航しても、
江戸幕府は未来永劫続くと
ほとんどの人が思い込んでいました。

しかし、ペリー来航からわずか15年で
260年続いた江戸幕府はいとも簡単に
滅びました。

そして現在、いよいよ平成も
終わりを迎えようとしています。

次なる脅威として、
すべてのビジネスパーソンの前に
立ちはだかるのが、
グローバル化とAI (人工知能)化です。

現在、多くの日本人も幕末の日本人同様、
「まあ、なんとかなるさ」と捉えて、
グローバル化とAI化の動きを
あまり気にしていないかもしれません。

しかし、現在の2つの黒船、
すなわちグローバル化とAI化は、
現役世代は十分に理解し、
何らかの打ち手を講じておくことが必須です。

その理由を、
すでにグローバル化が進んでいる
現象で解説します。

-グローバル化の脅威とは-

給与水準が比較的高い
日本人のビジネスパーソンが
海外のビジネスパーソンに
代替されてしまうという脅威です。

日本は上級管理職を含めた経営者層、
一部のIT技術者は別として、
同規模・同業種の世界の企業と比較すると、
国や業種にもよりますが、
初級管理職クラスまでは比較的
給与が高い傾向にあります。

しかし、ここで、
「給料が高くてラッキー」
などと思ってはいけません。

給与が高いということは、
企業側から見ると、
「抑えられるべきコスト」です。

同じパフォーマンスであるならば、
人件費を抑えることのできる
新興国をはじめとした、
海外での雇用にシフトすることを
企業サイドは考えるのが妥当でしょう。

自動車や家電などの工場の
生産拠点が日本からコストの安い
海外に移っていったことは
周知の通りです。

また都内でコンビニの店員には
外国人労働者が急増したように、
今後マーケティングや研究開発などの
拠点がどんどん海外に移っていく
可能性があります。

ですから、日本人の仕事が
海外に代替されつつある中で、
国内だけに閉じた視点で
他社の社員と給料を比較するだけでは
不十分なのです。

自らの雇用や給与を、
これからは世界視点で
見ていかなくてはいけません。

-もう一つの脅威である AI化-

今後、多くの仕事は
AIに置き換わっていきます。

生産現場だけでなく、
事務、営業、中間管理職、
さらには経営者の仕事まで
AIに置き換わっていく可能性があります。

英オックスフォード大学で
A1の研究を行なう、
マイケル・A・オズボーン准教授によれば、
今後米国の雇用の47 %は、
AIなどによって失われる・・
とされています。

また、ダボス会議を創設した
クラウス・シュワブ氏は、
「2020年代半ばまでに
ニュースの90 %は人間の介在を
ほとんど必要としないアルゴリズムで
生成される」可能性を指摘しています。

現在は、指数関数的な変化の時代
といわれています。

指数関数的な変化とは、
AIを含むIT技術やそのサービスの進化が
線形のように徐々に変化するのではなく、
何乗という指数関数のように
ある段階から一気に急激に
変化・成長するという意味です。

1990年代初頭には存在しなかった
グーグルやアマゾン、フェイスブックは、
このような指数関数的な変化の波に乗って
一気に市場を席巻しました。

グローバル化とAI化、
これらの脅威のため、
これまで存在した仕事が
一気になくなる危険性が高まっています。

-まとめ-

今回は世界の情報に触れる必要性について、
グローバル化とAI化の脅威を取り上げて
解説しました。

これからの情報に接する際に
意識しておきたい点は、
次の3点です。

1: あらゆる事象を洞察する

どんなことでも事象の背景や
要因や将来像を洞察する練習をする。
何事も表層だけでは判断せず、
背景や要因を探ると同時に
事象の将来形を洞察することです。

2:直観を働かせる

目の前のものを所与ととらえずに、
先入観を排して、
「何か変だな」「なぜだろう」
といった直観を働かすことです。

3:事象に関する知識を取得しておく

前提知識がなければ
情報の意味に気づくことができません。

知識があるから兆しの意味に気づき、
兆しの情報があるから
知識で確認しようとします。

そのようにするなら、
情報と知識は車の両輪のような、
相乗効果を生み出すことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年9月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image