自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

壁にぶつかった時の思考法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

プロジェクトが失敗した・・・
上司とうまくいかない・・・
仕事で壁にぶつかり、
八方塞がりになってしまった時、
あなたならどうしますか?

壁にぶつかった時の対処法はたった1つ、
「思考を変える」ことです。

思考を変えることで、
壁がジャンプ台へと変わるのです。

今日は、そんな思考法について、
レクチャーしたいと思います。

-すぐに解決する思考法-

問題が発生したら炎上を防ぐために、
すぐに対応することがポイントです。

すぐに問題を解決する思考法として、
「仮説思考」というものがあります。

仮説思考とは、
情報の少ない状態から
問題の全体像や結論を考える
思考法のことです。

多くの人がやってしまうのが、
情報をたくさん集めてから、
分析し結論を出すという方法です。

しかしこれでは、
時間がかかるため問題が大きくなり、
手の施しようがなくなるのです。

問題が発生したら、
とりあえず問題発見の仮説を立て、
問題を検証します。

そして問題解決の仮説を立てることで、
より精度の高い仮説を
立てられるようになります。

-本質を見抜く思考法-

問題解決するためには、
本質を見抜く力が必要です。

本質を見抜く思考法として有名なのが、
戦略思考です。

戦略思考とは、
経営コンサルタントである
大前研一氏が発表したもので、
ある課題に対して、
当事者目線で状況を捉え、
課題の優先順位を明確にしながら、
知恵を絞って目標達成する
思考法のことです。

贅沢して3000円のランチを食べようか?
1000円のランチで済まそうか?
悩んでいるとします。

この時、3000円のランチは
前菜と主菜とデザートまでついてくる。
しかしお腹を満たすことが本質だとしたら
前菜やデザートは必要ありません。

「前菜やデザートだけで
プラス2000円は高い、
だから1000円のランチで十分だ」
という説得力のある結論が出ます。

-正解へ導く思考法-

人が納得する結論に辿りつくためには、
正しい結論が必要になってきます。

正しい結論に導く思考法として
クリティカルシンキング
というものがあります。

クリティカルシンキングとは、
直訳すると「批判的思考」ですが、
もともとの意味は、
「物事を最適解へと導いていくもの」
という意味でした。

目の前の事象を、
本当に正しいかどうか疑問を持ち、
論理的に思考することで、
偏見のない解答へと向かえます。

-まとめ-

問題が発生した時、
誰かの助けによって解決したり、
時間が解決したりすることがあります。

しかしこれは根本的な
問題解決とは言えません。

問題を解決するには、
原因を特定し、
未然に防ぐことが重要です。

論理的に問題を捉え、
仮説と検証のサイクルを行なうことで、
問題が問題でなくなるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年9月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image