自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

保険を活用して安く修理するポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

今年は関西を中心とした西日本で、
甚大な自然災害が多発しました。
 

例年は、夏から秋にかけて、
九州・四国・本州は台風などの
自然災害に見舞われやすくなります。

 
日本は災害大国であるだけに、
それらへの備えのかなめとなる
損保の加入は不動産投資を行なう上で
必須だと考えます。
 

そこで建物総合保険と
そのオプションを上手く利用して
屋根や外壁を安く修繕するための
ポイントをここではお伝えします。

 
 
 

損害額型を利用する

火災保険には様々なオプションがあり、
強風などで屋根や外壁が壊れた場合に
対応する風災保険があります。

 
風災保険の補償の形としては、
いくつかのタイプがありますが、
例えば工事費用が30万円かかった時、
3万円分を自己負担で修繕し、
残りの27万円分が補償されるタイプの
保険を免責型と言います。
 

一方で被害額が例えば
20万円に満たない場合は
補償が1円も出ない代わりに、
20万円以上に達した場合は
全額補償する損害額型もあります。

 
負担をできるだけ少なくして
保険を最大限に活用したいのであれば、
損害額型を利用しましょう。

 
損害額型を利用する時の注意点は、
被害額が199,999円では、
1円も補償が下りないことです。

200,001円なら補償が全額下るので、
被害箇所をまとめて修繕しましょう。
そうすれば修繕に費用がかさんでも
自己負担分がなくなります。
 
 
 

強風の吹いた日を正確に記録しておく

また風災保険の補償を受ける際の
重要なポイントとして、
被害の発生日と風の強さを
保険会社に申告しなければいけません。

 
一般的に風災保険が利用できる
強風の基準は時速20km以上です。

 
記録として時速20km以上の
強風が吹いていない場合は、
風災保険の対象として認定されず、
補償が受けられないことがあるのです。
 

外で強風が吹いた日は、
インターネットサイトや新聞などで
「この日はこのエリアで、
時速20km以上の強風が吹いた」
としっかりと記録しておきましょう。

 
そしてその記録をもとに申請すれば、
補償が受けられることになります。

 
 
 

直ぐに修繕を依頼する

損害額型風災保険に入っていれば、
修繕額がある程度高額でないといけません。
 

しかし被害が大規模なものになると
20万円や30万円どころか、
場合によっては100万円を超す
修繕費用が必要になるかもしれません。
 

それほどの大規模な災害であれば、
たとえ補償が全額下りたとしても、
居住スペースが壊滅するなどの
被害で退居せざるを得ないことがあります。
 

そのため基本的な考え方としては、
大損害を被る前に軽微な段階で
修繕に努めることが重要です。

 
人間の病気もそうですが、
早期段階で治療すれば時間もお金も
それほどかけずに元の状態に戻せます。
投資用不動産も同じです。
 

「少し被害が出てるけど、
まだこの程度なら大丈夫・・」
と放置するのではなく、
問題が発覚した時点でしっかりと
修繕を行ないましょう。

 
そうすれば致命傷を負わずに済みます。
何事も早期治療(早期修繕)と
予防(保険)が重要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年9月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image