自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

地方物件の収益率は圧倒的に高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

前回、
「自分に適した投資法を選ぶべき」
と書きましたが、
投資法の前に投資エリアについて
考えてみましょう。

 
不動産投資本には
「都心の不動産投資が良い」と
唱えている本があるかと思えば、
「地方の不動産投資こそ儲かる」
と謳っている本もあり迷います。

 
そもそも
「都心」と「地方」
の定義すら不確かです。

 
いずれにしても、
どちらが良い悪いと
一概に言い切れるものはありません。
 

「東京」でも、
高層ビル街が建ち並ぶ都心があれば、
そこから電車で30分も揺られると
低層住宅が軒を並べた
住宅エリアに辿り着きます。

 
都心とは、
東京の真ん中を指すだけではないので、
ここでは大型生活圏を形成する
大都市の中心地を
「都心」と呼ぶことにします。
 

すると同じ不動産でも、
都心と地方ではまるっきり価値に
差がある現状が見えてきます。

 
仮に
「東京都港区の一等地10坪を
無料で差しあげます」
というオファーと、

「どこか田舎の山林を10坪
無料で差しあげます」
とがあれば、

皆さん全員が港区の土地を
欲しがることでしょう。
 

このように
誰もが欲しがる不動産は
値上がりしていき、
誰からも見向きもされない不動産は
安くなっていきます。

 
それでは家賃はどうなるのでしょうか?

 
「都心で暮らしたい!」と願う人は、
若者を筆頭に星の数ほどいます。
進学や就職で人が集まるのも都心です。
 

繰り返しになりますが、
都心は東京だけではありません。
 

大阪・名古屋・札幌・福岡
といった地方都市でも、
その中心部は人が集まります。
 

そのため、
地方でも都心の家賃は高くなります。
 

都心のワンルームマンションの家賃が
10万円だとすれば、
地方なら5万円のイメージで、
その差は2倍ですね。
 

一方で、
都心のワンルームマンションの
一部屋を買うと、
新築であれば2500万円、
中古でも2000万円近くはします。

 
しかし、
地方で中古の区分ワンルームだと、
たったの200万円で
売り出されていることも珍しくなく、
その差は10倍です。
 

家賃差の2倍と比較すれば、
圧倒的に購入するケースの格差が
大きいのです。
 

不動産の「利回り」は、
家賃年収を購入額で除した
百分率で求められます。
 

「利回り=家賃年収÷購入額×100」
 

都心では低く、
地方になるほど高くなります。

 
利回りだけで
投資の指標は計れませんが、
同じ投資額で高い収益性を望むなら、
都心より地方の物件を買ったほうが、
投資効率がよくなるわけです。
 

それでは地方の物件価格が、
都心の1/10と想定して
検討をしてみましょう。
 

2000万円の投資をするなら、
都心で2000万円のワンルームを
1戸買うと、
そこから得られる家賃は月10万円です。

 
同じ投資予算で、
これが地方200万円の
ワンルームマンションなら
10戸も買えます。

 
1戸あたりの家賃が5万円で計算すれば、
総額50万円もの家賃が
毎月得られ都心の5倍です。
 

このように「収益性」だけに着目すれば、
都心と地方の差は一目瞭然です。

 
僕自身、
効率のよい「地方投資」を
実践することにより、
初期段階からキャッシュフローを
つくることに重視してきました。

 
なお、
ここではイメージしやすいように
ワンルームマンションで例えていますが、
地方のワンルーム購入を
勧めているわけではありません。
 

地方投資にはリスクもありますし
地方高利回りだったらどんな物件でも
買ってもいい…
ということではありません。

 
ただ、
収益率の良い物件を買うにおいて
都心と地方を比べれば、
圧倒的に地方の方が優位ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年9月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image