自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

会計力を身につける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

これからの時代に必要な力があります。
それが「会計力」です。

企業同士の競争は激しさを増すばかり。
今や企業経営において
会計の重要性は増しています。

そこで今日は、
現場の社員にこそ知ってもらいたい
会計力の基礎について解説します。

会計力の超入門

会計力の入門として
知るべきことがあります。
それが「財務3表」です。

財務3表とは、
すべての企業が行なっている
「お金を集め、
集めたお金を投資し、利益を上げる」
という活動の報告書のことです。

経営陣と株主、銀行などの債権者が、
その企業の実態を把握するためのものです。

財務3表とは?

では、財務3表とは
具体的にどんなものでしょうか?

財務3表は、
損益計算書(PL)、
貸借対照表(BS)、
キャッシュフロー計算書(CF)
で構成されています。

(1)損益計算書とは?

損益計算書
(profit and loss statement)とは、
その企業が一年間でいくらの売上があり、
どれだけ費用が掛かり、
いくら儲かったかを表す、
経営成績を表す報告書のことです。

経営にとって必要な
売上高と費用の関係を表すのが、
損益計算書(PL)のことです。

(2)貸借対照表とは?

貸借対照表(balance sheet)とは、
決算日に企業が持っている資産と、
その企業が負っている負債と、
その差額としての純資産がどれだけあるかを
一覧表示した報告書のことです。

決算日など、ある時点の企業の財務状態を
明らかにするものです。

(3)キャッシュフロー計算書とは?

キャッシュフロー計算書(CF)とは、
その名の通り、
キャッシュ(現金)フロー(流れ)を
計算するための報告書です。

つまり、企業の一年間の資金繰りを
把握するための表です。
実は、企業の実態は、
PLやBSではつかめないのです。
CFはこの欠点を補う役目を
果たしています。

PL、BS、CFの3つは、
「お金をどのように集め、
どのように使い、
どのような流れで管理しているか」
がわかります。

この3つのつながりを知ることで、
会計の仕組みが見えてくるのです。

まとめ

「僕は製造部門だから」
「私は営業担当だから」
現場で働く人にとって会計は
関係のないものとして捉えられています。

しかし、これからの時代は
その会社で働くすべての人が
身につけるべきものといえます。

なぜなら、
会計は現場で使うからこそ
即戦力となるからです。
チーム全体が会計を知ることで
組織全体を強化できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2018年9月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image