自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

トップを目指すために必要なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

組織のリーダーになりたい・・
一番になりたい・・
ビジネスマンであれば、
一度は「トップ」を意識したことが
あると思います。

 
しかし現実的には、
トップを目指すといっても、
何から手をつけて良いかわからない。
という人も多いのではないでしょうか。

 
そこで今日は、
トップに必要不可欠な要素について
まとめてみました。

 
 
 

トップを目指すには①

トップを目指すためにすべきことは、
「選択と集中」と言われています。
 

選択と集中というのは、
1980年代にアメリカのGE、
ゼネラル・エレクトリック社のCEO、
ジャック・ウェルチが行なった
経営戦略のことです。
 

これは、事業価値のある分野に
リソース(経営資産)を集中させ、
業績をアップさせるというものです。
 

これは僕の勤めていたオリンパスでも、
事あるごとに上意下達されていた
概念のひとつでもありました。

 
経営資源である、
「ヒト・モノ・カネ・情報」
には当然ながら限りがあるので、
投下すべき所に集中する必要があります。

 
これは個人にも当てはまることで、
時間やお金には限りがある中で、
トップになるための分野に、
力を注ぐ必要があると言えますね。

 
この選択と集中を成功させるには、
その状況を見極める目と
決断力がモノを言うのです。

 
 
 

トップを目指すには②

トップを目指すためには、
胆力が必要だと考えます。
 

聞き慣れない言葉ですが、
胆力とは、言い換えると、
物怖じしない気力、度胸のことです。

この胆力なしに上を目指すことは
できないと言い切れます。
 

胆力があれば、
人が躊躇してしまうことでも
挑戦することができます。

 
その分、失敗も多く経験しますが、
それが結果的に身になるのです。

 
そして大事なことは、
トップになってからこそ実は、
この胆力が大いに必要で、
大きな決断ができる、
危機的状況にも耐えることができる、
そういう人物になっていくのです。
 

さて、この胆力は、
何から生まれるのでしょうか?
それは「熱意だと僕は思います。
 

物事に対する熱意が胆力を生み出し、
困難を乗り切ることができるのです。

 
 
 

トップを目指すには③

トップを目指すには、
心構えも重要になってきます。

 
どんな心構えかというと、
「カッコつけない」ことです。
 

例えば知ったかぶりをしたり、
できないのにできるといったりすることで、
ついカッコをつけてしまったばかりに、
周囲の信頼を失うことにさえなりかねません。

 
カッコつけないとは、
「どれだけ自分が知らないかを知る」
ということです。

 
自分がどれだけ知らないかを知っていると、
自然と謙虚になり、
学ぶ姿勢も芽生えます。
 

わからなかったら
素直に相手に聞くことで、
信頼を得ることができます。
これが「無知の知」といって、
ソクラテスの哲学です。
 
 
 

まとめ

激動の時代と呼ばれている今、
トップを目指すためには、
ある意味「変革」が必要です。
 

何の変革かというと、
それは「意識の変革」です。
時代時代に合わせた意識を持つことで、
生き残ることができるのです。

 
トップは勝ち抜きゲームではなく、
生き残りゲームです。
いかに意識を変革し、
生き残っていくかの戦略を練るのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2019年6月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image