自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

「忙しい」が口癖になっている人へ(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です、

朝から晩まで働いているのに
成果の出ない人。
優雅に退社しているにも関わらず、
いつも成果を上げている人。

 
彼らの違いは一体、
どこにあるのでしょうか?

 
そのヒントとなるのが「時短」です。
いかに時短を使いこなすことができるかが
勝負の分かれ目だったのです。

 
そこで今日は、
「時短」について
まとめてみたいと思います。

 
 
 

-時間を捻出する物理的作戦-

実は、時間を物理的に
創り出すことができます。
それが「時間を買う」です。
 

時間を買うとは、
「電車を使うところをタクシーにする」
ことです。

 
電車で移動するところをタクシーに変えると
料金は倍以上ですが、
タクシーなら行き先を告げるだけで
目の前まで運んでくれるし、
なによりプライベート空間を
手に入れることができます。

 
このプライベート空間で
業務の見直しをしたり、
翌日の予定を確認したりすることで
効率よく時間を使えるメリットがあります。
 

その時間で成果を生み出せれば、
タクシー代なんて安いものです。
お金で時短できる方が
遥かに尊いといえます。

 
 
 

-行動力を上げれば時間が増える-

時短をする上で
とりわけ重要となってくるのが
「モチベーション」です。
モチベーションが高ければ集中でき、
作業効率があります。
モチベーションが低ければ、
文字通り効率が悪くなります。
 

モチベーションを上げるには、
「気になることはすべて紙に書き出す」
という方法が有効です。

 
気になることをすべて紙に書き出すことで
思考がクリアになり、
モチベーションが上がり、
すぐに行動することができるのです。
 

すぐに行動することで
時間を生み出すことができます。

 
 
 

-相手のレスポンスが時間を生み出す-

上司にお伺いを立てたり、
他部署の人に仕事をお願いしたりする時、
相手のレスポンスによって
仕事の進捗が大きく左右されます。

 
誰しも忙しいので
ほとんどの場合、
レスポンスは悪いでしょう。
しかし、ちょっとした工夫で
レスポンスが良くなるのです。

 
それが「サマリーをつくる」です。
サマリーとは「要約」のことで、
企画書や書類などに
サマリーを付け加えることで、
相手がすぐに理解でき
行動しやすくなるのです。

 
サマリーには、
「メリット・デメリット」
「予算」
「スケジュール」
などを明記することで
より相手に伝わりやすくなります。
 

相手がすぐに行動してくれることで
結果的に自分の仕事も
早く終わっていきます。

 
 
 

-まとめ-

時短術を行なう上で注意したいのが
「独りよがりにならない」ことです。
仕事はチーム全体で行なっていくものです。
自分ひとりが速くても、
部内のスピードが遅ければ、
結果的には「遅い」ことになります。
 

これでは、どれだけがんばっても
意味がありません。
全体を俯瞰しながら、
ポイントを絞っていくことで
成果を上げることができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録のご案内

椙田拓也(すぎたたくや)LINE@登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・LINE@読者限定BLOG購読
・LINE@読者限飲み会
・セミナー優先ご案内

またブログと連動してブログでは公開できないナイショの情報をスマホにお届けいたします。
登録は、無料となっております。いつでもブロックや解除していただいても問題ありません。
是非お気軽にご登録ください。

2019年6月LINE@登録キャンペーン

・書籍プレゼント10名様限定
・通常個人コンサル60分3万円(税別)が5名様限定無料


LINE@の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image