自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

新築で鉄骨造を検討している人は注意して下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(杉田)です、

ハイテンションボルト
という言葉をご存知ですか?

お恥ずかしながら、
僕は知りませんでした。。

ウヒョー!!
みたいな感じでテンションMAXの時の、
ボルテージの値(あたい)
のことですか?

・・・いいえ、
建物の鉄骨材をつなぐ、
耐力の高い「高力ボルト」のことです。

そのハイテンションボルトが今、
空前の品切れ、在庫不足状態なんです。

原因は、東京オリンピック関連の
建設ラッシュによる需要急増。

主な製造メーカーは新日鉄住金系の
日鉄住金ボルテンや山陽特殊製鋼、
日本ファスナー工業など数社の寡占で、

寡占というよりは、
リーマンショックで需要が落ち込んで
撤退した企業が相次ぎ、
いまは数社しか供給していない・・
というのが実態のようです。

このハイテンションボルト不足により、
新築マンションの建設に
多大な影響が出ています。

露呈したのは昨年の夏ごろ。
一般の建設現場に回ってくるはずの
ハイテンションボルトの納期が遅延する・・
という事態が相次ぎました。

僕の、投資家仲間でも、
S造(鉄骨造)マンションの新築で
建築工事を発注している工務店の
納期遅れが問題になっている人が
何人かいたりします。

最悪の場合、
財務体力のない工務店なら
倒産しかねないほどの問題でもあり、
一部ではかなり深刻な状況です。

ただ、この問題が社会問題化すると、
工務店や建設会社ひいてはゼネコン界に
連鎖倒産という厄介な火種を
落とすことになるため、

いまのところ一応、
マスコミも騒いでいません。

とはいえ、一部のメディアでは既に
昨秋からニュース化されており、
鉄骨マンションの現場を受発注している
関係者様は不安を隠せない様子です。

2018/11/15 日本経済新聞
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO37455910W8A101C1920M01/

2019/3/12 日刊産業新聞
https://www.japanmetal.com/news-t2019031287138.html

そういうことなので、
鉄骨マンションをこれから
新築しようかな?と考えている
不動産投資家さんは、

このハイテンションボルトの
動向を見守りつつ、
慎重に契約を検討されることを
オススメします。

椙田拓也と100人の投資家仲間が
日々、金融機関を開拓している
秘匿性の高い融資情報を、
月額1080円で読み放題。

Facebookの秘密コミュニティ、
超極秘|不動産投資の融資最前線グループ

手順1.まずこちらから決済してください。
→ https://sugitaya.net/group

手順2.次にfacebookグループから、
PayPalで決済した旨をお知らせ下さい。
その際、決済者の名義を教えてください。
→ https://sugitaya.net/w3t9104a

 

では、皆様からのご入会をお待ちおります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image