自己資金ゼロから不動産投資を始めてキャッシュフロー1000万円を作るための具体的な手法やテクニックなどを解説しています。

100万円も貯めれない人が億万長者になれる訳がない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椙田(すぎた)です。

不動産投資家になりたい人を何百人も見てきて
けっこう勘違いしている人も多いので、
ここでハッキリ言っておきます。

100万円も貯められない人は、
そのあと不動産投資したとしても、
億万長者にはなれません。

不動産投資をしようかという、
ある程度の年収がある人で、
預貯金100万円もない人が稀にいます。

確かに僕は『自己資金ゼロから不動産投資〜』
という本も書いているくらいなので、
テクニック的にはやれてしまうんですが、

100万円も貯めれなかった人が、
不動産投資によって年収がアップしても、
単に消費額が増えるだけで、
預貯金に回すことはできません。

僕は、入口でのキャッシュフローを
増やしてあげる手助けはできても、
他人のお金の「出」のコントロールはできないからです。

年収1000万円あっても預金が全然ない人。

いろんな事情はあるでしょう。
たとえば・・・

○ 子供の教育費に莫大に投資している…
○ 親の介護に多額の費用がかかる…
○ 離婚して慰謝料に取られている…
○ 住宅ローンの繰上返済に使ってしまった…

そういう事情があるとしても、
やはり100万円程度の軍資金がないと、
何を始めるにも不安はつきまといます。

少なくとも不動産投資を始めようとするなら、
100万円(ホンネは最低300万円)は
手元に貯める必要があります。

そしてそれは、
両親や友人に借りてきたお金ではなく、
また競馬やFXで増やしたお金でもなく、
自分でしっかり貯めたお金であって欲しいです。

年齢や社会人経験にかかわらず、
マネーリテラシーが備わっていない人が多い!
というのが僕がマネー総研を立ち上げた理由です。

今後は、不動産投資だけでなく、
マネー全般についての情報発信も
徐々に増やして行きますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Enter Captcha Here : *

Reload Image